治療案内|尼崎市の歯医者 村内歯科医院

村内歯科医院

治療案内

村内歯科医院は「誰にでも安心して歯科治療を受けていただけるよう」 また「できるだけ患者様の要望に応えられるよう」努力しています。

スタッフの技術を高めるため学会や講習会へ積極的に参加したり、 また院内での研修にも力を注いでいます。

患者様に安心して治療を受けていただけるよう、お口の中だけに とらわれず広い視野をもった医療を目指しています。


一般歯科

歯科治療恐怖症の人でも治療が受けられる無痛治療を目指しています。

また、被爆量が通常の方法に比べて大幅に軽減できるデジタルレントゲン 撮影を導入しています。デジタル撮影のため、フィルム不要、現像液も不要で環境にもやさしいです。

更に院内感染を防ぐため、エアロシステム35Mという空気清浄装置も作動させています。


小児歯科

小児歯科0歳児から受診可能です。

不安で泣き暴れる子や他院では治療できなかった子も大歓迎です。虫歯も治し、歯医者ぎらいもきっとなおせます。

経験を積んだ歯科医師と歯科衛生士が上手に対応します。

定期健診も随時受付けています。


障がい児・者歯科

村内歯科医院は日本障害者歯科学会の認定医療機関です。

毎日10人程度の障がい者の治療をしていて、重度な方も多く通われています。

患者さんの尊厳を重視し、抑制器具を用いず、できるだけその人のペースで治療を行っています。

診療室はレントゲン撮影室も含めて車椅子でも可能なバリアフリーのつくりになっています。


矯正歯科

一般的な歯並びの治療に加えて、口唇口蓋裂患者さんや障がいのある方の矯正治療も行っています。

治療費用 (税込み料金)

相談料(治療についての大まかな相談) 3,300円

基本検査料(詳しい検査をするのに必要な費用) 38,500円

診断料(検査資料をもとに各個人の診断をするのに必要な費用) 16,500円

装置料(症状により異なります。診断の日にお知らせします) 42万~63万円

調節・観察料(毎回来院時に必要です) 4,400円

注)自立支援医療(育成医療)指定期間で口唇口蓋裂および一部の障がいのある方の矯正治療には健康保険が適用されます。


子どもの定期健診

子どもの定期健診乳歯は歯の質が弱く、また永久歯への生え変わり時期も虫歯のリスクが高いため、注意して経過を観察する必要があります。このため、村内歯科医院では低年齢からの歯みがきの相談 や定期健診とフッ素塗布をしています。

フッ素は歯を丈夫にするのに有効です。希望の方に塗っています。フッ素は小さなお子さんにも抵抗の少ないグレープ味です。

検診間隔は、年齢や虫歯リスク度、ご希望により決定します。

来院時には、お子様のお口にあったサイズの歯ブラシを1本無料でさしあげます。


歯周病予防健診

歯周病予防健診35歳以上では約80%の人が歯周病にかかっているといわれている昨今です。

村内歯科医院では歯周病を予防したり進行をとめるために、定期的に歯科医師、歯科衛生士 によるチェックと歯のお手入れ(PMTC)を行っています。

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科衛生士が器具を使って普段磨けないような歯の隅々まで掃除をし、フッ素塗布を行うものです。

少しでも長く自分の歯を残すためには、定期的なPMTCがとても有効です。

PMTCの間隔は症状により、1ヶ月~6ヶ月となります。


ホワイトニング

歯の色が気になる人は安全な方法で歯を白くすることができます。

加齢による歯の黄ばみはもちろん、通常では難しいとされるテトラサイクリン歯症による変色もご相談下さい。

ホワイトニング

ホワイトニングの方法

  • 各個人の歯型の型どりを行い、トレーを作製します。
  • ジェル状の漂白剤をトレーに入れ、はめます。
  • 毎晩行い、約1~3週間程で完了です。

Q&A

ホワイトニングの効果はどのくらい持続しますか?

半年~数年は効果が持続しますが、その後徐々に後戻りすることがあります。個人差があり、飲食・喫煙や歯磨きの仕方によって違いがあります。

後戻りした場合はどうすればよいですか?

初回作製したトレーを使い、再度短期間のホームホワイトニングで白さを回復できます。

詰め物や差し歯も白くなりますか?

詰め物や差し歯は白くなりません。ホワイトニング終了後、新しい色に合わせるため再治療が必要になることもあります。その場合には別途に費用が必要です。


マウスガード

マウスガードスポーツ時の歯の外傷や歯ぎしり・くいしばりによる歯の磨り減り等を防止する目的で マウスガードを作製します。

マウスガードの色は透明、白、青、黄、緑、黒、オレンジetcから選ぶことができます。


往診

往診寝たきりの方や病気、障害により通院ができない方の往診歯科治療 も行っています。たとえば、詰め物をしたり、歯を抜いたり、入れ歯を作ったりします。

歯科衛生士による訪問口腔ケアも行います。

食べることに問題のある方への相談やリハビリも行います。

高齢者往診依頼の方はこちら(PDF)
FAXまたは郵送にて受け付けております。

重症心身障害児・者往診依頼の方はこちら(PDF)
メール、FAXまたは郵送にて受け付けております。


摂食嚥下障害治療

年をとったり脳卒中の後遺症により、食事のときにむせたり飲み込みが悪くなると、食べる楽しみが失われるだけでなく、誤嚥性肺炎を起こすなど重篤な事態を招く可能性があります。

村内歯科医院では理学療法士(PT)や言語聴覚士(ST)とともに安心して食べていただけるための アドバイスや訓練をしています。

往診での対応も行っています。


言語機能訓練

村内歯科医院では言語聴覚士(ST)がコミュニケーションのとり方や、発音・構音に問題のあるお子様の言語訓練を行っています。



電話をかける

Copyright © 2008-2022 Murauchi Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ

MENU