今年も東北ボランティアへ

10月17,18,19日に宮城県石巻市へ人形劇ボランティアに行かせて頂きました。

一日目は、「児童福祉サービスみらい」に行きました。全員で10人ほどの所でしたが、みんな、人形が出てきた時や歯ブラシマンが倒されそうになった時などにとても素直な反応をしてくれていて、劇をしている私たちも楽しく演じることができました。また、劇が終わった後にふれあいタイムがあり、みんなと話をする機会がありました。「去年も見たよ!」や「楽しかった!」、「歯ブラシマンかっこよかった!」など、実際に感想を聞くことができ、とてもよかったなと思いました。

そして、被災地の見学をすることもできました。実際に自分の目で見てみて、まだ当時のまま倒れた建物や不自然なくらい新しい建物ばかりの地域などがあり、改めて東日本大震災の被害の大きさが分かりました。ぜひ来年も参加したいです。

文責 圖子

二日目の午前は石巻市釜保育所に行きました。0~5歳の60名の子供達がおり、人形劇は皆で一緒になって歯ブラシマンを応援したり、他の人形達も可愛がってくれて良い反応や笑顔が見れて嬉しかったです。

人形劇終了後は歯磨き指導をしました。人前に立つことが苦手で、上手く伝えられなかった部分もあったと思いますが子供達は見よう見まねで一生懸命歯磨きをしてくれました。来年は、もっと成長して子供達の表情をみながらできるように頑張りたいです。なにより子供達の笑った顔がたくさんみれたので頑張ってよかったと思いました。

文責 篠田

 

二日目の午後は「ベビースマイルいしのまき」にて人形劇をさせていただきました。こちらは未就園児を対象とした施設のため、今まで回った施設の中でも小さいお子さんとお母さんが沢山いらっしゃいました。今まで行かせてもらった人形劇は保育所が多かったので、対象となるお子さんが1番小さいことと、またお母さんも見て下さってるという異なる環境の中での人形劇でしたが、こちらもお子さんに合わせてセリフを喋る速度やかける言葉をかえてみたり、どうしたら見てくれている子供達が楽しんでくれるだろうと考えながら演じるのはとてもやりがいがあり楽しかったです。

今回私は初めて石巻に訪れたのですが、7年前に被災されたことがもう分からないほど、当時ニュースや報道で見た町並みとは見違えるくらい整備されており、綺麗になっていました。また、この3日間訪れた保育園や施設では先生や子供達、みんなが笑顔で人形劇を楽しんでくれたことがとても印象的で、逆に私が元気をもらいました。少しでもこの活動が支援に繋がれば嬉しい限りです。

文責 森島

 

最終日はアリス保育園での公演でした。アリス保育園は今年で3回目の訪問です。私達が車で園に到着したと同時に、何人もの園児さんたちが、「人形劇のお姉さんたちだ!」と元気な声で迎えてくれました。最終公演ということもあり、私達も気合いが入る中で、83名もの園児さんたちの元気いっぱいの大きな歓声と共に、とても楽しくさせて頂きました。地声でのセリフがある私の声が届いていたのか、心配になるくらいです。終了後、「面白かった!また来てね!」の一言を頂き、凄く嬉しかったです。園児さんたちは東日本大震災を経験しておられませんが、今後も東北の子どもたちに少しでも元気と活気を与えてあげればと、思っています。

文責 伊藤

 

 

食☆よろず塾

9月29日(土)に園田学園女子大学で行われた食☆よろず塾「あなたと、あなたの隣の人も 食支援の仲間」に参加致しました。今回の講習会では食支援について、歯科医師、言語聴覚士、作業療法士、管理栄養士、介護福祉士、歯科衛生士と、一人の方の食支援においてどのように関わっているかを各職種の方々が連携の流れと共に丁寧に話して下さいました。

私は現在、在宅の方の食支援に多職種の方と携わっています。その中で各人の患者さんへの関わり方については理解しているつもりでしたので、それを確認する意味もあり、興味深く聞くことが出来ました。しかし、終わってみると患者さんの関わり方も大事ですが、ご本人、ご家族も含め食支援に関わる全ての人の出来ること、されていることを理解し、尊重し、その上で協力し合えることは何かを考えなくてはいけないと感じました。まさに表題の通り仲間になることが大切なのではと、思いました。これからに活かせる良い時間を過ごせました。

文責 橋本

私も今回、食よろず塾に参加させていただきました。
前回、前々回は調理実習付きの講習でしたので今回のような講義形式での参加は初めてで、まだ嚥下や食支援については知識が浅い私は内容についていけるだろうかと少々不安でした。
ですが、最期まで口から食べることができる食支援をする上で必要なこと、大切なことは何かとスライドを用いながら分かりやすい説明があったので楽しく講義を受けることができました。
また、食よろず塾では多職種の連携があるからこそ、いろんな角度からの話が聞けると思いました。
講習会の後半は「私にとって食べることとは」というテーマのもとグループディスカッションもあり、私は今まで「食べること」について深く考えたことがなかったのですが、「食べる」という1つの行動だけでも、その人にとっての楽しみや生き甲斐、コミュニケーションのきっかけなど色んな思いや話を参加者から聞くことができ、とても有意義な時間でした。

文責 森島

日本歯科衛生学会第13回学術大会

私は今回9月15日から17日まで、博多で行われた「日本歯科衛生学会第13回学術大会」に参加させて頂きました。初めての衛生士学会で自分の興味のあるお話を中心に、各自で会場を回って口演を聞いたりポスターをみたりと慣れないことが多くとても緊張しました。それでも、同じ歯科衛生士の方々の様々な報告が聞けてとても刺激となりました。たくさんの先輩歯科衛生士の方々と出会い皆さんの意識の高さも目の当たりにし私も頑張ろうと思える機会になりました。

文責 篠田

 

私も初めての参加で、皆さんの熱気に押されつつも自分の業務に付随したキーワード(訪問口腔ケア、食支援、多職種連携)を中心に、会場内を回りました。そして、ランチョンセミナーも体験しました。お昼ご飯を食べながらなので話の内容が入ってくるのか?!と思いましたが、いいお話を聞くことができました。改めて、普段当たり前に食しているのがどれだけ幸せなことなのか、日々の業務を通じても感じてはいますが、今回多くの方の話を聞いてより一層思いを強くしました。最期まで口から食べて頂けるよう多職種の方々とどう具体的に連携を取っていくのか、課題も再確認して帰宅の途につきました。

文責 角谷

 

 

9月29日講習会参加の方へ

「あなたと、あなたの隣の人も 食支援の仲間」本日ご参加の皆様へ

本日の9月29日(土)の講演会は予定通り行います。

午後から雨が強くなるとの予報です。

皆様お気をつけて、お越しください。

本日12:00以降のキャンセルのご連絡は、下記にお願い致します。

緊急連絡先 村内光一 090-1981-1887

 

食☆よろず塾 事務局