新しいスタッフの紹介

初めまして、4月から歯科衛生士として働かせて頂いている村田優希です。バレーボールをすること、おことを弾くこと、外国語を学ぶことなど様々なものにハマってきましたが、昔から一貫して好きなことは歌を歌う事です。友達と(ひとりでも!())カラオケに行くことが大好きです。私自身、病気と戦っていた経験から、障がいのある方や高齢の方、持病をお持ちの方に寄り添って働いていきたいという思いがあり、歯科衛生士の専門学校の先生や友人に相談したところ、村内歯科医院を紹介していただきました。求人を出していないにも関わらず採用してくださった院長、そして丁寧に指導してくださる先輩方にとても感謝しています。今はまだ社会人としても、歯科衛生士としてもよちよち歩きの状態ですが、早く一人前になれるよう努力していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

文責 村田

 

人形劇練習

村内歯科恒例の人形劇の練習が今年も始まりました。

「一寸先は虫歯だらけ」というタイトルで一寸法師の話の続編というストーリーです。どこかで見ていただけると嬉しいです。

今回は新たなメンバーも加わり、さらにパワーアップしてお届けできるようスタッフ一同 日々練習に励んでいます。

本番は保育園検診がある6月を予定しており、今年も子供達の笑顔が沢山見られるよう頑張ります。

文責 森島

 

 

 

登山練習会1

皆様、お久しぶりです!

今年は7月後半にスタッフ有志で富士山登山を予定しています。希望者は皆、登山経験がないので、何回か六甲山登山で練習会をします。昨秋にも数回練習しましたが、今年は4月7日(日)に第1回練習会をしました。いい天気に恵まれ、いいスタートが切れました。
文責 村内

参加者の声
小学生以来の登山でした。私は就職し初めてだったこともあり、また初心者には少し厳しく感じられる道もありました。顔が真っ赤になりながら着いた頂上では、院長が朝早く用意してくれた、りんごやみかんを皆で美味しく食べました。満開の桜や椿の前で記念に写真を撮り、楽しい練習会となりました。
文責 村田

日本障害者歯科学会学術大会

11月17日(土)18日(日)に東京で行われた障害者歯科学会に初めて参加しました。色々な方の発表を聞いて、患者さんそれぞれの障害を理解すること、患者さんの性格やこれまでの歯科医院での経験、患者さんのご家族の方などを知ることなどが大切なことだと改めて感じました。これからの治療のアシストや定期健診での障害のある方への対応に活かせていければいいなと思いました。

また、村内先生の発表を聞くことも出来ました。何度か見たことのある患者さんについての発表でしたが、何度見ても診療室に入ってきた時と出ていく時の患者さんの変化がすごいなと感じる症例でした。ぜひ来年も参加したいです。

文責 圖子

今年も発表しました。演題は「デジカメ撮影時の好反応を参考に治療拒否を適応的に行動変容させ得た自閉症スペクトラム障害患者の一例」でした。

普段歯科治療に非協力的な患者さんがなんとか普通に治療させてもらうように、あの手この手を考えているのです。今回はデジカメを使って不安を少しずつ除いて上手くできました、という発表でした。少しでも抑制されることなく、治療してもらえるように発信しています。

文責 村内